ORTHODONTIC

矯正歯科

 

矯正治療についての考え方


「矯正歯科」「歯ならび」というと、一般的には見た目がきれいな歯並びのことと捉えられがちです。しかし、私たちが思う「いい歯並び」というのは、まずはしっかり咬めること、歯やかぶせ物が長く健全な状態で保てることが第一であり、見た目だけのためにむやみに矯正治療を行うことはとても危険なことと考えています。

しかし逆に、歯並びが原因で、虫歯でもない歯が弱っていったり、せっかくのインプラントや被せものをしっかり咬める状態に出来ないということもたくさん経験しており、一見きれいに並んでいるように見える場合でも、実は機能的には問題を抱えていることはとても多いのです。そして、ほとんどの場合、何かトラブルが起きるまで、あるいは起こっていても、患者様ご自身でそれに気付けることはありません。私たちはそのようなことを早い段階でお知らせし、歯を余計に削ったり抜いたりしなくて済む環境を整えるお手伝いをしています。

歯科矯正は歯を長持ちさせるために行われるものであり、そのような安定した歯並びというのは結果として実は見た目にも美しく整ったものになるものなのです。

 

 

矯正担当医について


img5.gifひだまり歯科では、日本矯正歯科学会認定医に依頼しています。矯正治療に関しては歯科の中でも特化して取り組むべきものと捉え、また、矯正治療は小児期から成人になるまでフォローすべきであり、その点からも、総合的に診断し、対応できる専門家でなければ安易に手をつけることは慎むべきだと考えるからです。

お子様の現状から将来の予測、成人になるまでの計画的な治療、大人の方の審美的な要望まで、幅広く対応致します。安心してご相談ください。

矯正担当医

ピーススマイル矯正歯科  丸山和宏